スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘルスで指名していた風俗嬢と本番。これであなたも本番嬢。前編

ヘルスで指名しだして半年ほど。
また行ってきました、レイナ嬢のもとへ。

 

めぐりあい風俗 ハマってしまった風俗嬢
行ってきました。バレンタインということで、 チョコを取りに来いという、指名嬢のもとへ。 レイナ嬢がチョコをくれるというので、 比較にならないほどの高額をはたいて、 受け取りに。。。 部屋...

 

この日は、彼女が早番ということで、
その日の1番の客として、付いてもらいました。

 

会った瞬間なにか様子が、
おかしかったんですよ。
顔色は悪く、目は腫れているような。

部屋に入ると、開口一番、

 

眠たーい

 

と言い放つ。何でも、前日、
ほとんど寝れてないとか。

 

睡眠薬飲まなかったの?

いま、別の薬飲んでるから、
飲んでないんだ。

 

その別の薬とは、精神安定剤か?ピルか?
以前から、いろいろな薬を
常用しているのは聞いていた。

只、この日は、それらの薬を
飲みすぎたのではないかい?
と思えるほどだったわけで。。。

だって、普通に話していても、
ロレツが回ってね~し。

大丈夫かいの

とりあえずは、シャワーを浴びるまでは、
なんとか正常だった彼女も、ベットへ移ると、
また、「眠たーい」といってベットにゴロン。

そのまま目を閉じ、動こうとしない。

放置される客である、わたくし。

攻めてもいいんだよな。

添い寝状態で、少し様子を伺ってみる。

ピクリとも動かない。

このままでは、一向にらちがあかん

そこで一応、普段どおり、
こちらから攻撃することに。

まずはキスをしてみると、とりあえず
応えてはいるようだが、口は半開きのまま、
舌はチロチロと適当に絡める程度。

乳をすって、アソコに舌を這わせると、

「あ。。。ぁんん。。。あっ!」

と、感じてはいるようなので、
しばらくは舐め続けてみる。

しかし途中で、急に反応がなくなる。

あれっ?

ちょっと違和感を感じたのでクンニを止め、
彼女の顔を上から覗きこんでみた。

いつもとおり、目は閉じたままだが、
なにか変。

触れることもしない状態のまま、
しばし静観してみるが。。。。

あいも変わらず、そのままの状態で、
ピクリとも動かない。

ん?

 

こ、こいつ。。。

 

マジで寝てんじゃねーか!

 

肩をつかんで、少し揺さぶってみる。

 

うっ、う~ん、
あっ、ちょと寝ちゃった。

 

。。。。やっぱり。

俺のクンニって、ナニ?がっくし

 

すると今度は、ふらりと立ち上がり、
自分の私物いれから何か持ちだしてきた。

はい、これ

手渡されたのは、

 

コンドーム

 

(°д°;;) なんとっ!

その後、彼女はベットに再び
仰向けに寝ると、再び目を閉じてしまった。

どうやら、寝てるから、それを付けて、

 

好きにして。

 

チンコ入れて

 

と、いうことらしい。。。

 

( ´△`) えー

 

仮にも半年ほど指名し続けた女の子である。
当然、それなりに好意はあったのに
何だよ!この投げやりの態度わ!!

 

これだけ、リピーターとなって
通ってくるなら、今日は適当でいいわ。
しんどいし。一回、本番させとけば、
それで喜ぶっしょ。
(レイナ嬢 心の声)

 

すこしの怒りを覚えたものの、
こんな状況におちいったら、
選択の余地はなし。

 

もう、やるしかないのだ。

 

ただ、いまのこの萎えたチンコに、

コンドームはつけれんわっ!

そこで再び、オッパイを舐めながら、
チン棒を彼女の股間に、擦りつけ
なんとかコンドームが装着可能な硬さとした。

あとはコンドームを付け、
仰向けに寝ている彼女の足を
ここぞとばかりに、大きくM字に広げ、

チンコを挿入するのみ。と、
あいなったわけでした。

後編につづく

ヘルスで指名していた風俗嬢と本番。これであなたも本番嬢。後編
前回の、あまりの異常な睡魔の為、 職場放棄した指名ヘルス嬢の続きです。 とりあえずコンドームを装着し、 いざ、挿入となったわけですが、 いかんせん、彼女のアソコはサハラ砂漠。 乾ききってるわけです。...

コメント