スポンサーリンク
スポンサーリンク

エッチな人妻と出会い系で会う。抱いてっと言われたらセックスしときますか?

人妻。。。男なら不思議と、
何故か惹かれる、甘美な言葉。

 

エロい人妻

 

今回は久々に、そんな人妻と
出会い系で会った時のことを。

 

あれはまだ、わたくしが、今より
強く若い体を持ち合わせてた頃。

とある出会い系で年上の人妻との
やり取りがはじまったのですが。。。

こちらは、当然Hが目的。その為に、
まずは実際に会うことが第一関門。

それを突破すべく、ある程度、
容姿がいいんじゃないの?
と思わせる発言をくりだしてみた。

今、何人もの女の子と会ったり
遊んだりしており、結構モテるだの。

嘘・おおげさ・紛らわしいの
JAROも真っ青の嘘八百である。

すると、こちらに興味をもってくれたのか、
その人妻も、出会い系で何人もの男性と
知り会ってきたなど、会うことに
さほど抵抗がないような事を言い出してきた。

しかしですよ、その中に、

 

お金を持っている人妻

 

やたら、お金を持ってるよっ
的なアピールをしてくるではないですか。

なんでも美容室に勤めており、
ある程度、自由なお金がある。

この前も、出会い系で知りあった大学生が
卒業旅行に行くので、おこづかいをあげたとか。

 

俺もくれ

 

さすがに口には出してないけど。。。

まぁ、そんなことは頭の隅におき、
この人妻と実際、会うことになったのでした。

そして後日、人妻と待ち合わせをした場所へ

待ち合わせの時間は、夕方6:00。
車で向かった、その場所は、
某ホームセンターの駐車場。

その場所へついたら、こちらから
電話で連絡を入れる約束となっていた。

車で40分ほど走らせ、待ち合わせ場所に到着。

その場所は、車がほとんど無く
人影は、まったく見当たらない。

ホームセンターといっても、そこは田舎。
人妻が、その場所を指定してきたことに納得できた。

建物から離れた場所に、一台だけぽつんと止め、
さっそく、その人妻に電話を掛ることに。

 

いま、着いたよ

あっホント。今からいくね

 

それから、10分程たってからだろうか。
少し遠くに、こちらに歩いてくる人が見えた。

辺りはすでに日が落ち、薄暗く街頭の
明かりでぼんやり見える程度であったが、
女性であることは判別できる。

その女性が、こちらの車に近寄ってくると、
すこし腰をかがめ、車のNoを確認した後、
車中を覗き込むように、助手席に近づいてきた。

助手席の窓をおろすと、

〇〇さんですか?

あっ、どうも

適当に挨拶をかわした後、
その人妻を助手席に乗せた。

人妻をみての第一印象は、

よしっ、ちんこ起つレベル。
そしてお小遣いも。ふふふ。

こんなふざけた、考えを。

それから、いろいろな会話を
交わし始めたのでですが。。。

その人妻、会話中にチラッと
こちらを見るだけで、
顔はほぼ前を向いてばかり。

ただ、会話中に一言、

 

『なんか、モテるっていうのが分かるわ』

ほんとかいな?

 

そう思いながらも、とりあえずは、
気に入ってもらえたようです。

そこで、顔は分かっていながらも
キスできる、いつもの作戦を決行!

顔、よく見せて

なんか恥ずかしい

戸惑いながらこちらを見る人妻。

 

見つめ合うこと数秒。。。

いけるっ!

 

そのままキスへと。そして片手は
服のうえからおっぱいをモミモミ。

お互い照れながらも、とりあえず、
ということで、服をめくり、
片方のブラをずらして、

 

人妻の片乳大サービス

 

ピンたち乳首に吸い付いといた。

 

まぁ、ここまできたら、そのままホテルへ。
と思いきや何でも、今日はどうしても
家を空けることが出来ないという。

その為、かなりのガッカリ感を
この人妻の前であらわにしてしまった。

すると、この人妻、

 

私だって、抱いて欲しいよっ

 

エッチやな~。

しかし、その日は仕方なしに、
そのまま別れ、また後日に、
再び会おうということになった。

そして、このエロ妻とセックスしたのか、果たして

その後、頻繁に電話でやり取りを行い、
お互い、会える日を伺ってたわけですが。。。

その期間がですね、
一ヶ月ほどあったわけです。

しかしですよ、
一ヶ月もあれば、状況が変わる。

 

俺に彼女、できた。。。

 

当然そんなこと、いちいち
人妻には話してはいないけど。

 

そんなある日の休日、
自分の部屋で彼女と過ごしていると、
その人妻から電話がかかってきた。

ぎこちなく話す俺に、
疑惑の目を向けてくる彼女。

なんか、まずいな。

電話をしながら、彼女のそばを
離れるものの、そのまま付いてきやがる。

ううっ。ど、どうしよ。

動揺している、こっちの様子を察し、
その目が、疑惑の目から変化。

 

完全に睨んどる。

 

や、やばい。ううっ

 

この状況を打破しなければ。。。

人妻とのセックスなんか、もう、
どうでもいいけどお小遣いは欲しい。

 

し、しかし。。。ううっ

 

ど、どうする。

 

や、やばい。

 

くぅ~

 

こ・・・

こんなに・・・

 

こんなに

悲しいのなら

苦しいのなら

 

 

。。。。。。

 

 

 

サウザー 金などいらぬ

 

『今、彼女といるから』

 

プチッ!ツーツーツー

 

その電話を横暴に切ってしまった。

その結果、人妻との関係は終了。
二度と電話がくることもなく、
かけることなく。

当然、お小遣いをもらうこともなく。。。

 

少しもったいなかったかな。
いま思えば、そんな気がします。

でも、それでよかったのだろう。

彼女と、もめるのも嫌だったし、
あの後、人妻と関係をもっていたら、
彼女と付き合いながらということになる。

 

うん。それはいかん。

 

 

愛ゆえに

 

出会い系の利用の参考にどうぞ。

これが出会える出会い系アプリ・サイト7傑!たぶん普通に会えると思う
出会い系サイトでほんとに会えるor 会えないという観点で言えば、 間違いなく会えます。 っていうか会えた。 まぁ、昨今の女の子の利用者は、 純粋な出会い・割り切り援助・セフレ相手、 そして...

コメント