風俗嬢を求めてどこまでも。これが俺の風俗方程式?

ソープランドでの、あのショッキングな出来事。

風俗でほんとにあった怖い話
先日のヘルスで童貞を奪われた後のことです。 それから、ずっと、 ある野望をいだいてた。 みずから腰をふってみたい そう、 自分が上になっていない為か、 挿入した実感がなかったのです。 た...

 

あれから約1年、経過した頃です。

風俗情報紙でソープでも、
若く綺麗な女の子の写真を
目にすることがあり。。。

またソープへ行きたい!
という思いが、出てきてしまっていました。

 

あんな目にあったのに。。。

 

そんな中、大学3年生の夏休みを迎えます。
ある意味、大学での最後の夏休み。
来年には就職活動が、待っていますので。

 

そんな夏休みでしたが、結局、
バイトしまくり状態で終了となるのでした。

休み中、バイト三昧だったので当然、
翌月にはたっぷりのバイト代。

バイトが入ったのなら、
行くところは一つ。

 

満を持して目指すは、
ディズニーランドと肩を並べる大人の夢の国。

 

ソープランド

 

ソープランドではめまくる

 

情報不足の為に、苦い思いを
味わった前回の教訓を生かし
今回は予習を完璧に行い、

 

いざ!リベンジ

 

今回の行き先は滋賀県の雄琴。

東京の吉原、岐阜の金津園、
そして今回の滋賀の雄琴。
日本三大ソープ街の一つですね。

各店舗、女の子の情報をしっかり
公開しております。

なので今回は情報紙で、若く可愛い
女の子を予約してから入店しましたよ。

ちなみにこの頃は、
素人童貞で無くなっております。。。

 

今、考えると、この雄琴まで
車で3時間程かかるくせに、
よく行く気になったというか、

もっと近場にあるだろ!

と、昔の自分に
突っ込みたくもなりますが、
あの頃の行動も懐かしい。。。

 

目的のお店に到着し店内へ。
そして、いよいよ本指名をした女の子と、ご対面!

写真通りの若く可愛らしい女の子でした。

この店が風俗情報誌で、前面に
推しだし広告党にしているのがよくわかります。

 

部屋に入ると、

「なんでこんなに私、可愛くないんだろ」

と、いきなり呟きだします。

「いや、かわいいよ。
現に、この店の広告塔になってるよね」

「でもなー」

部屋にある鏡に写る自分の顔をずっと見てます。

「いや、かわいいよ」

「可愛くないよ」

「カワイイよ ・・・・」

「可愛くないよ」

の一辺倒。

もぉ、ええちゅーねん

 

プレイ内容もマットで、まず一発抜き
次はベットで。。。

しかし、一向に次のラウンドに移動しようとしません。

ソープランドの通常サービスは
マットとベットで、各1ラウンドずつ。
確かそうですよね。

それなのに、ベットの上で長い間、
話をして終了。手を抜かれたようです。

ソープ初心者(現に2回目)と
伝えていたからでしょうか?

ってか、単なる素人ソープ嬢。

 

身体的にも、精神的にも
満足できてない状況です。

ここまで3時間以上かけて
来ているという事実。

資金は、まだある。

周りはソープランドいっぱい。

ソープランドのハシゴ

という方程式が成立!

ここにくるまで周辺の店舗も
既に予習済みというわけで、

今度は、女の子二人で
一ラウンド交代制、計2ラウンド
行うサービスのある店舗です。

ピンサロ花びら回転サービス、
ソープ版って感じです。

しかしこのサービス、
女の子を指名することができません。

 

ええ、ここでも満足できませんでした。

もう、こうなら

 

ヤケクソです!

 

今度は、なじみのキャンパスパブにロックオン。

再び、3時間程かかる帰りの道中、
その店に突入したわけです。

当然、フリーで。。。

 

結局、事態は変わりません。
身体的、精神的満足どちらも得られず。

その一日、AM9:00頃に出発し
家路についたのは、たしか深夜1:00。。。

 

1日でソープ嬢3人、
さらにキャンパブ嬢1人。。。

はっきり言って狂ってます。
とても正気の沙汰とは思えません。

一日で風俗嬢、4人ですよ。
しかも全て抜いている。。。

 

それなに、どこか消化不良。
満足感が得られない。

 

フィーリングが合わなかったソープ嬢
X
3人

キャンパブ嬢

 

4人もの風俗嬢を相手にして、
これですよ。信じられん。

まさに悲劇。

っていうか当時、
どんな精神状態だったのだろうか。
今になっては、覚えていない。

 

只、この時、自分のことが、
よ~くわかりましたよ。

 

わたくし、お金あれば、

 

満足するまで

 

 

 

 

風俗嬢が1up

 

風俗嬢、無限1UP
が、おこなわれるという事実です。

コメント