スポンサーリンク
スポンサーリンク

哀しみの風俗事件簿2019 あるデリヘル嬢と20歳の大学生

令和元年、年の瀬も押し迫り、
いよいよ残りわずかとなりました。

今年の風俗に関する事件の中で、
記憶の中に強烈に残ったのが、
滋賀県で10月に起こった悲劇の事件。

滋賀県警草津署は28日、強盗致傷の疑いで滋賀県栗東市、大学生の男(20)を逮捕した。

逮捕容疑は、10月5日午後5時~同6時半ごろ、栗東市内のホテルで、デリバリーヘルスで派遣された女性(58)に自身が支払ったサービス料2万円を奪い、被害に気付いて廊下まで追い掛けた女性を突き飛ばし腕や膝に軽傷を負わせた疑い。

引用元:https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/88441

相手に怪我を負わせてしまった、この学生。
もちろん非があるのは、間違いなく彼です。
うん、そんなことは誰でも知ってる。

分かっている。

分かっているけど。

 

何かね。。。

 

世の中の男性は、この彼の心情を
勝手に、そして容易に察して
しまったのではないでしょうか。

 

ここからは、完全な憶測です。

彼のその憤りのない怒り・くやしさ。
そして、どうしようもない自己嫌悪。

 

わたしったら最低

 

それを感情的にこのデリヘル嬢に
当たってしまったのだろうと推測する。

 

58歳の。

 

自身が支払ったサービス料2万円が、
このデリヘル嬢の対価とは、どうしても
納得できなかった為に起こしてしまった
行動なのだろうかと。。。

まぁ、そうですよね。例え、
熟女のデリヘル店でも、やりすぎだろ。

おそらく、20歳の大学生からしたら、
母親より年上でしょう。
トラウマになりかねん。

彼には、こんなことになる前に、
言いづらかったとしても、
やはり言ってほしかった。

 

 

っと。

コメント