いざっ!風俗デビュー戦

いつかは行くぞーっ!と思いながら、
突入する勇気がなかった風俗店。

しかし当時、周りの学生仲間に
そのての話題は、一切ありませんでした。

 

コンパだ!彼女だ!の、
健全なやつらばかりだったな。

そりゃぁ、彼女がいる奴や
合コンに積極的に行ける奴は、いいですわ。

こっちはまともに女子と話すことなく、
ずっと、高校・大学生活を送ってきたんだ。

 

いい加減、生おっぱい見たいわっ!

 

ピンク色の綺麗な乳首

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、風俗に行く機会を
虎視眈々と狙っていました。

 

そんな大学2年の夏休み。
7月中はずっと炎天下でのバイトをし
そのバイト代が振込まれた8月後半、

ファッションヘルスへ向かう男が一人。

 

いきなりソープにいく気はなかったんですよ。
風俗で童貞を捨てる気は、さらさらなく、
ってか、自分の場合は、まず、それ以前の段階でしたから。

真昼間の平日、とりあえず歓楽街を
フラフラ歩き、適当な店に入ろうと思っていたものの

 

なかなか入れん!

 

だって、店に入ろうとする瞬間にかぎって通行人が現れるもんですから。

気がついたら、
いつのまにやら歓楽街を通過。。。

 

真夏の太陽で、汗が噴き出る中、
それでもめげずに、しばらく歩いていると、
見えてきた一軒のファッションヘルス。

早く涼みたし、もうここでいいわ。

歓楽街をはずれているため、
車と一般人の交通量が若干、気になるが、
もう歩き回るのにも疲れたし。

ここは覚悟を決め、
思いきって足を踏み入れてみた。

 

実は入店するまで、店の前を3往復の末。
結構、人がまばらに通る道沿いのお店だったな。

そして店内へ

その店は、今では珍しくなった
マジックミラーで、女の子を指名できる店だったのですが、

見てびっくり!同世代の若くてキレイな女の子ばかりっ!

 

最高じゃねえか、風俗って。

こんな女性たちと、
あんなことやこんなことが出来るんかい?

想像以上の女の子のレベルに正直おどろき、
いろんな妄想とアソコがふくらみます。

見た目で一番、自分好みの女の子を指名し、
手を引かれて部屋に連れていかれたのでした。

 

ベットに腰をおろし、会話をすると、
彼女が同じ年齢というのが判明。
それが、ホントか嘘なのかは知らん。

只、それだけ。
その他の会話は、まったく記憶にない。

これからどんな事がおこなわれるか、
そのことで頭がいっぱいだったし。

なんせこっちは普段、女子と、
ろくに口をきくこともなく学生生活を送っていましたから。

服を脱いで風俗プレイ開始!

いざサービスがはじまると、
アダルトビデオでしか見たことのないようなことを自分がされて、もうね、

 

気持ちいいわの
興奮するわの
感動するわの、

 

大騒ぎ。

 

そりゃ、今まで女性と
付き合った経験がない童貞にとって、
なにもかもが衝撃的で刺激的なサービス内容でした。

 

だって、はじめてチンポコを他人、
しかも綺麗な女性に触られ、
さらにペロペロ舐められ、そして咥えられる。

 

 

 

俺は今、猛烈に感動している

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、
そらフェラチオで簡単に射精しまっせ。

いきそうになると、

「いいよっ、そのまま出して」

そんな女の子の言葉で、さらなる興奮と
少しの罪悪感の中、果てたのでした。。。

時間はあっという間に経過し、退店することに。

 

しっかし、キレイな子だったな。
こんな世界があったのか

 

そんな夢心地のまま、店を出たのでした。

 

店外にでると、相変わらずの炎天下。
真夏の太陽が目につきささるようで痛かった。

通行人の女子高生の軽蔑のまなざしは、

 

もっと痛かった。がっくし

コメント