スポンサーリンク
スポンサーリンク

姫予約とは 人気風俗嬢と常連客の特権か

姫予約 【ひめよやく】

風俗遊びを行なう場合、風俗嬢を事前に予約してから来店する、というのが一般的だが、この時、お店に連絡するのではなく、目当ての女の子に直接、電話やメールなりを入れ予約してもらうこと。

この場合、通常、来店の前日からしか予約を受け付けない店舗でも、一週間前など、かなり前から予約を取る事が可能となる。ただ、このようになるには女の子とある程度、信頼関係があってこそ。普段から店を介さずにメール等のやりとりを行なえる、風俗嬢とお客という関係が成りたった後での事である。

尚、この姫予約の「姫」という言語。現在では、風俗嬢の呼称として使われているが、この場合も同様の意。中でも、予約必須の熱い人気を集めている風俗嬢を、敬意を表し、「熱い姫」という言葉が転じて「篤姫」と呼ぶようになる。

 

風俗民明書房大全「新・昇天院篤姫(上)」

 

この姫予約というもの、実際に行われるのも、
結局は女の子によるところが大きいんしょうね。

予約を取りづらい人気嬢によくみられるケースですから。

 

「なかなか予約取るの大変だよ~」

「じゃぁ、取ってあげようか」

 

という感じ。

人気のある女の子は、それだけ
お店の売り上げに貢献している為、
店の待遇もよく、このような融通がきくわけで。

さらに、自らお客を連れてくるわけですから、
店側からしてもなんら問題ないんでしょうね。

また、客からしてみれば、

「人気があってなかなか予約が取れない」

という状況がなくなり、しかも当日の
急な欠勤というような悲劇が起こりにくいという利点。

そして、

 

 

 

 

ザクとは違うのだよザクとは!

 

 

っというような、

俺は他の客とは違うんだよ!

そんな、ちょっとした優越感を
感じられることでしょうか。

まぁ、女の子側も確実に計算できるお客、
ということで双方、メリットがあるのだと思われます。

 

まぁ、当然、その反対もあるんでしょうが。。。

 

尚、この姫予約、あくまで、
女の子・店・業種によりその存在はまちまち。
あくまで通常の風俗遊びをおこなっていた上で生まれる、

 

偶然の産物

 

という程度の認識に留めておいて問題ないかと。

コメント