すべらない話 風俗版

誰でも一つは、すべらない話をもっているものである。

で、おなじみの「人志松本のすべらない話」。

誰でも一つは、というものの。。。
う~ん、思い出してもそんな話、
何一つ持ち合わせてないんですけどね。

で、そんな面白みのない私でも、
こと風俗に限っては、そんなことも
あったような記憶が、ないことも。。。

もちろんすべてのお話は実話である。

 

いまでは、主戦場をホテヘルとしていますが、
ちょっと前までは、かなりの
マットプレーヤーだったわけです。

 

マット型ヘルス

 

マットヘルス。

まぁ、いわゆるソープで行なわれる
マットプレーの本番なし版ですね。

ローション使用しての密着プレイが、
なんとも気持ちよく当時、
かなりハマッておりました。

 

その日も、いつもの指名嬢とのマットプレイ。

身体をきれいに洗ってもらってから、
彼女が準備を始めようと壁に立て掛けた
マットに手をかけると、

 

ん?(・ε・?

 

けげんな表情を浮かべ、こちらを振り向く。

 

これ、ちょっと空気が抜けてる~っ

 

そう言うので、自分も触ってみると、
少し空気が少ないかな~という感じ。

その為、彼女も少しだけという感触だった為でしょう。

そのまま気にせずマットプレイの準備を進めます。

 

はいっ!うつ伏せからね♪

 

うつ伏せに寝てみると、ちょっと体が沈む程度。

これぐらいなら、大丈夫っしょ

そのまま全身にローションを塗られ、
彼女が体に覆いかぶさりプレイ開始!
。。。。までは、よかったのですが。

 

プレイが進むにつれ、みるみる
沈んでいく、わたくしの体。

 

すげ~、すごく空気が抜けてってるよっ

 

うんっ、膝が下につきそう。。。(–;)

 

お互い、全身ローションまみれの為、
いまさら部屋を移るわけにもいかず、プレイ続行!

ですがマットは、すでにペコペコ状態。

彼女も、思うように動きまわれず、
四苦八苦しています。で、どんどん
空気が抜けていくのに焦せっているのでしょう。

 

はいっ!゛(ノ‥)ノ反対

 

うつ伏せ状態プレイは、いつもより早く終了。
ちょっと雑だったよね。。。

で、仰向けになり顔を見合わすと、
お互い苦笑してしまいました。

 

ダメ!全然、すべらない

 

すべらんなぁ

 

そりゃ、そうです。
マットは、もうペコペコなわけですから。

私の腹部にまたがり、マウントポジションを
とっている彼女の両膝は、床の感触を
感じているであろうほど、凹んでるわけです。

そんな状態ですから、仰向けでの
マットプレイも、ほどほどに。

プレイは、残念ながら通常より早く、
フェラから素股に移行。この時ほんと、
お互いの体中、ローションべったべた。

 

なんたって、マット上にローションが
溜まりまくりですからね。

いつもはチンコを手でしっかり確保
しながらの彼女の素股も、この時ばかりは、
そうはいかなかったのでしょう。

 

途中から

 

手放し運転、敢行!

 

マットでの素股プレイ

 

両手は、体を安定させる為に
使わざるおえない様子。気のせいか、
いつもより腰の動きが激しいんですけど。。。

 

いつもより多く、こすっております!

 

その為、見ていて、ニュルッとチンコが
入ってしてしまうんじゃないかと。。。

そんな冷や冷や、しながらも、

何事もなく無事、昇天。

 

C= (-。- ) フゥッ

 

いや~、しかし

 

すべらんなぁ~

コメント